本文へスキップ

港区の中心部、八社寺を歩く七福神めぐり

港七福神めぐり公式サイト


ここは港七福神めぐり公式サイトです。
港七福神めぐりの期間や御朱印等に関する最新情報を発信しています。
※他のウェブサイト、ブログ等に古い情報や誤った記載があった場合、当方では対応いたしかねますので、七福神めぐりの前には必ず当サイトの最新情報をご確認ください。

港七福神めぐりについて

港七福神めぐりは昭和8年発足の「麻布稲荷七福神詣」を始めとします。戦争の影響により昭和15年で中断しますが、昭和41年に巡拝所を再編し、「港七福神めぐり」として再開しました。七福神に加え、宝船を含めた8カ所をめぐるのが特徴で、東京タワー、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、麻布十番商店街といった観光名所に立ち寄ることができるのも巡拝者の楽しみの一つとなっております。

巡拝の開始場所や順番は決まっておりませんので、どこからでもスタートすることができます。
歩いて3時間〜4時間程度の道のりですが、混雑や途中休憩を考慮すると5〜6時間かかる場合がございますので、余裕を持ってお出かけください。なお、期間中は日を跨いでの巡拝も可能です。

最終日に御朱印や御守を集め始める場合は14時で受付終了となるので(巡拝途中で時間切れになるのを防ぐため)ご注意ください。

おしらせnews

専用台紙について
平成30年で頒布終了いたします。
来年(平成30年)の七福神めぐり
1月1日(月)〜1月8日(月)です。
平成29年7月28日
サイトを開設しました。

港七福神めぐりの期間

毎年元旦から成人の日まで
平成30年は1/1〜1/8
各日9:00〜17:00
※最終日の集印開始受付は14:00まで